部制導入で窓口サービスの効率化は図れるのか


公共サービスの財源は、住民や各種団体からの税によるものであり、福祉や教育の一層の充実を推進するならば、行政として市場経済の活性化をいかに誘導するかが重要施策と考えます。ところが、行政による窓口のたらい回し等は利用者に対して時間的ロスを生じさせるだけでなく、市場経済を鈍化させる要因の一つにもなっているのが現実です。町では、4月から部制を導入しましたが、行政手続き業務などの効率化の推進をどのように図っていく考えか町長に所見を伺うものであります。


もどる